街コンジャパンの体験談-街コンがついにスタート!参加者は20代がほとんど!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

街コンスタート!参加者は、若い20代男女が中心!

会場となっている居酒屋はかなり広かったのですが、参加者が集まらなかったのかポツポツとしか人が座っていませんでした。
女性は、私たち3人組の他に、2人組が2組。合計7人ということになります。

 

男性は、3人組が3組で9人。街コンの定員は2~30人が通常なので、マッチングアプリも浸透している近年、もう前ほど街コンは流行っていないのかも知れない・・ということを考えながら、開始を待ちました。
この時、案内されたテーブルには既に男性も着席しており、シーンとする会場の中向かいあって座っているのは何とも気まずかったです(笑)
「スタート」と言われないと喋ってはいけない決まりなど無いはずなのですが・・
暗黙のルールなのか、会場の誰ひとりとして喋っておらず、シーンとした気まずいテーブルが3つできあがっていました。

 

ちなみに私がボーッとしている間、友人たちは早々にプロフィールカードの記入を済ませていました。
テーブルの上に準備されたプロフィールカードには、音楽好きがワクワクするような質問項目が並べられています。
「好きなアーティスト」「好きなジャンル」「次に行きたいフェス」など。
友人たちは楽しみながら記入していたようです。

 

そうこうしていたら時間は過ぎ、開始時刻となりました。
司会の方が「スタートです!」と元気よく言うと、封を切ったように一斉に喋りだす参加者たち。
今回の街コンは女性2900円で飲み放題、食事もコースで次々と運ばれてくるスタイルだったので、早速食べながらお喋りを始めていきました。

 

最初に相席したグループはとても若く、26歳の方が最年長でした。
これは最後に分かることなのですが、今回の参加者の中で(男女含め)私たちの29歳が最年長だったようです。
ちなみに、前回参加した街コンでも最年長。
やはりお見合いパーティーとは違い、街コンは若者が友達探し感覚で来る所だから、この年齢ではそろそろ街コンは卒業か…と、また物思いに耽ったのでした。

 

さて話は戻りますが、最初の3人組は2人参加+1人参加でつくられたグループだったようで、皆さん大人しく控え目な方が多かったので、気まずそうにされていました。
そこで登場するのがプロフィールカード!
好きなアーティストや曲を徹底的に掘り下げていき、なんとかその場を持たせました。
年齢や出身地ぐらいは聞きましたが、ほとんどは音楽の話をしていました。
・・・これぞ音楽好き街コン。
本当は15分程でシャッフルタイムとなるんでしょうが、何せ参加者が少なかった為1テーブルで過ごす時間が長く、30分以上は同じグループとお話をしていたかと思います。

 

その後シャッフルタイム!
次の3人組も、同じく2人参加+1人参加のグループでしたが、割と社交的な方たちで楽しそうにされていました。年齢は26歳。
最初に29歳という年齢を言うと、一人の男性が「えっ・・」という反応をされました。
やっぱりもう街コンは卒業だな・・・改めてそう誓った瞬間でした。
音楽好き街コンでしたがほとんど音楽の話はせず、その方たちとは仕事の話で終始盛り上がっていたように思います。
ホテルマンや研究所勤務などなかなか面白い職種で、普段聞けないようなお話を聞かせてもらいました。

 

ただ残念だったのは、一人の方が目の前でタバコをスパスパ吸っていたことです。
まずスタッフの方に「タバコ吸っていいっすか?」と聞いており、その返答が「お相手の女性の方たちがよろしければ・・・」との事でした。
その男性は、「いいっすよね?吸って。もう我慢できないんで~」と言い、私たちの答えを待つ前におもむろにタバコに火を点けたのです。
街コンといえども出会いの場に来ておいて、その数十分も我慢できず、女性の前でタバコをふかすとは何て若造だ・・・友人たちと目配せをしました。きっと皆同じ気持ちだったのでしょう。その3人組とのお話は楽しかっただけに、残念な気持ちになりました。

 

街コンジャパン,趣味コン,体験談,口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です