ホワイトキー婚活パーティーに行ってみました。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

札幌在住の婚活中アラサーOLです。

今回私は結婚相談所「ホワイトマリッジ」を運営する婚活パーティー運営の大手、ホワイトキーのパーティーへ行ってきました。

ホワイトキーの魅力は年齢層を絞っているので、自分と比較的近い年齢の方と出逢えるところと、趣味嗜好や年収や職業等テーマが決まっているパーティーの開催も多いところです。

今回私が参加したものは札幌会場で日曜日開催だった女性に大人気のエグゼクティブパーティー。

男性は30歳以上43歳未満かつ年収400万円以上の人しか参加できないという指定の、個室形式のものでした。

ホワイトキーの札幌会場は地下鉄東豊線大通駅から徒歩数分のところにある、1階に100円ショップダイソーが入っている雑居ビルの上にあります。
ダイソーの入り口から入り、入り口横にあるオフィス棟専用のエレベーターに乗って会場へ。

多くても6人程度しか乗れないいかにも昭和の古めかしいエレベーターに乗り込む瞬間はふと不安になりますが、フロアへ到着するとスタッフの方がすぐに目に入るので安心できます。
会場に入る前に、まずは会場の外にある受付で受付。

この日は日曜日かつ、クリスマスシーズンだったこともあり、15分前で受付には列ができていました。
トナカイのコスプレ姿の若い女性スタッフの方から「お待ちの方は身分証明書を出してお待ちください」と指示があり、運転免許証を手に列に並びました。
5分ほど待ったところで順番が回ってきました。

運転免許証を提示じ、参加費の支払いを行うとこの日の参加番号がかかれた名札がもらえます。
その番号を持って会場に入ると、別のスタッフの方が座席まで案内してくれます。
案内係のスタッフは中年の男性の方で、サンタクロースのコスプレでした。

入り口近くにお茶やジュースが入った紙コップがならんでおり、それをもって座席へ。
この日は個室パーティー形式の為、フロアーが細かくパーテーションで区切られており、2人掛けのテーブルが並んでいます。
そして、受付でもらった番号がかかれたパーテーションの座席に座る形となります。

「個室パーティー」ですが完全個室、というわけではなく、男性側だけ異性及び他の同性の参加者の顔姿が見えないように仕切られているだけです。
その為、完全個室をイメージしているとちょっとイメージと違うかもしれません。
座席には、待ち時間の間に記載するプロフィールシートが置かれており、開始時間迄に埋める形となっています。

プロフィールシートの中身

名前
年齢
現住所(市と区)
出身地
居住(一人暮らしか同居を選択)
血液型
身長
最終学歴
職業
タバコの有無(吸う吸わないを選択)
飲酒の有無(飲む飲まないを選択)
勤務地
婚歴(有無を選択)
子供(有無を選択)
結婚について(1年以内・3年以内・付き合ってから考える・良い人がいれば、から選択)
家族構成
休日
休日の過ごし方
好きな異性のタイプ
自分の性格を一言で
趣味・資格・特技
得意料理
パートナー選びで重視することは?
恋愛を長続きさせるために必要なことは?
初デートでNGと思うことは?

婚歴や子供の有無等、結婚相手を探す上で気になるところはしっかり押さえていますが、
結婚への真剣度を選択できる所や「恋愛」に重きを置いているところ等、OTOCONなどの「本気の婚活」を詠う会社よりも、カジュアルさを演出しているプロフィールシートでした。

今回参加したものは男性30歳以上かつ年収が400万円以上という指定もあり、恋活をしている人より、婚活をしている人も多い系統のものでしたが、20代中心の恋活パーティーも行っている会社なので、このカジュアルさなのかもしれません。

プロフィールシートを書き終わったころ位に、パーティーの開始時間となったようで正面にいる司会の方からはパーティー開始のアナウンスが入りました。

今回は参加人数が多い為本来後半に行われるトークタイムがないため、
インプレッションカード(中間発表)の結果の後、休憩をはさんですぐにカップリングカードの記載となる旨発表がありました。

そして早速パーティーのスタート。
次ページで、どんな方が参加されていたのか書いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です