ホワイトキー婚活パーティーがカップリング発表

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

その後、時間を置かずカップリングカードとメッセージカードの記載を司会の方から促されました。

カップリングカードは引き続きお話ししてみたいと思う男性3名の番号を書くことができるカードで、メッセージカードは3人迄に連絡先含むメッセージ(電話番号、メールアドレス、メッセージ)を渡してもらうことができるカード。

カップリングカードもインプレッションカードと同様に、左から優先順位1位、2位、3位となっています。

メッセージカードについては、必ずしもカップリングカードに書いた番号の方3名に、という必要はないそうです。
今回は自然に流れで行くと〔15〕とカップリング成立しそうな気配がしていました。

しかし、たまにどんでん返し、ということもあるのでカップリングカードには〔15〕〔20〕の番号を書き、メッセージカードにも同じく〔15〕〔20〕の人に向けてメッセージとLINEのIDを記載しました。

記入タイムは大体5分ほどで、またスタッフの方が記入未記入に関わらず、カップリングカード、メッセージカードどちらもを回収していきます。

司会の方からは結果を集計している間は、メモ帳の後ろに入っている結婚相談所「ホワイトマリッジ」に関するアンケートの記載して待っているようにと指示がありました。

今回は男女ともに参加人数15人以上ということもあり、集計結果がでるまでに10分ほど時間がかかり、その間は隣にいたバックパッカー男性に婚活パーティーの感想を聞いたりしながら過ごしました。

アンケート用紙の回収が終わったところで、いよいよ結果発表。

ホワイトキーのシステムでは司会の方から発表があるのは、カップリング成立組のみで、何番の人と何番の人がカップルになったか、という発表はありません。

発表については会場退席後、会場外にある受付で名札と交換で受け取る封筒の中に、カップリング成立している人だけ結果が書いた紙が入っているというものです。

今回は6組のカップルが成立との発表があり、パラパラと拍手が起こる中で今回のパーティーは終了。

まずは男性側から退出をし、全ての男性が退出したのち女性の退出となります。

カップリングが成立した男性は自分とカップリング成立した女性が出てくるのをビルの外で待ち、男性側から声をかける、というシステムです。

男性が全て退出した所で、受付が混むことを想定して素早く退出し封筒を受け取りました。

封筒を開けてみると、中には今後のパーティースケジュールのチラシとクリスマス期間限定のポイントカードが入っていました。

そして、〔15〕の男性とカップリングが成立した旨が書かれた紙と、〔15〕〔20〕の男性からの連絡先付きメッセージカードが。

〔15〕の方とカップリング成立したものの、すごく遠方の人だしなぁ・・・とちょっと躊躇していた所、中間発表後の休憩タイムでばったり遭遇した友人(カップリング成立なし)から夕飯に誘われた為、男性達が待つビル外からはスルーしてそのまま友人と飲みに行ってきました。

(出口では男性も女性も多数いた為、実際待っていたかの確認もできていません)

一応、〔15〕の男性へ私の方からも連絡先も渡したし、向こうからも連絡先ももらったし飲み会の後連絡すればいいかな、と思っていたのですが、家に帰って〔15〕のメッセージカードを見ると記載は電話番号だけ。
もしかして、LINEのアカウントが電話番号で調べられるのかなと思って検索にかけてみたのですが該当なし。

直接電話をするのも抵抗があった為、結局連絡せずに終わってしまいました。

相手からの連絡を数日待ってみましたが結局一切音沙汰はありませんでした。

たまに電話番号だけを記載する男性や、カカオトークやSkypeのIDを書いて渡してくる方がいますが、自体の流れとしてマイナーツールの為できれば避けて欲しいなと思いました。

(電話番号については確かに誰しも持っていますが、携帯電話番号をあまりよく知らない人に晒すのに抵抗がある人もいるので)

しかし、〔20〕の男性から後日連絡が来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です